慣れない高まりは いつか許される

 

気持ちに迷いなんかない。

僕は一点。

彼女が、すきだ。

今でも。

 

ツイッターのアナリティクスだと

つぶやきが見られた回数だけを表示するので

全く意味がないし、役に立たない。

ブログはアクセス地域とデバイスは分かる。

(地域が信用できるのか問題だけど)

彼女は本当に一度も読んでくれたことはなかったのかな。

そこまで拒絶されて拒否されるほど怖かったのだと想うと

取り返しのつかない出来事に本当に悲しくなるし、

そこまで傷付けてしまったことに恐怖を覚える。

 

デバイスのことで気になることがある。

デスクトップ型PCとスマホの両方で見てる人がいるのだけれど

それが同一人物なのかわからない。

アクセス地域は同じである。

もしも同一人物なのだと考えると

そこまで小まめにチェックしなければならないほど

このブログには何も無いだろう? と、

不思議で仕方ないから、

何に魅力を感じているのか、聞いてみたい。

魅力じゃなくて、もっと何らかの理由や目的があるのかも知れないけど、

それならそれで訊いてみたい。

何故に? と。

 

定期的に訪れてくださってる人は

たぶん、4〜5人いると思う。

何でなのかは分からないし、

もっと始めの頃からカウンターを導入してれば

もっと詳しくわかったかもしれないし、

その中に彼女がいる(いた)のも

判別できたのかもしれないと想うと

悔しいし、自分の抜かりっぷりというか迂闊さに腹が立つ。

 

それと、この頃、訪れてる人の中に

ドラマやアニメを探してる人がいるみたいで

感想を書いてないことを申し訳なく感じる。

初回と、最終回を見たものに関しては最終回のメモ書きしかないから。

ごめんなさい。

 

ここまで来ても、彼女から何の反応もないのは

もう諦めるしかないのだろうなって思い込もうと頑張ってはいるのだけれど

すきだから、どうしても心が拒否反応をしてしまう。

いつか読まれて、認めてもらえるんじゃないかって。

その期待を捨てきれないし、

その機会を窺ってるだけで、

それは本当にもう直ぐなんじゃないかって

心の何処かで想ってしまう。

インスタグラムの件で、読まれているかもって想って、

インスタグラムの件で、拒絶されてるだろうって考えて、

自分に宛ててくれたような文面やメッセージを感じるし、

タイミングの問題もあるけれど、

悪い反応じゃないって想えることも、たくさん、あって、

でも、それらがすべて自分の狂気の妄想と暴走でって考えると

流石に自分が怖くて気持ち悪くなったりもして雁字搦めだ。

 

本当に、これを読んでいるのか、読んだことはあるのかだけでも

訊きたいし、教えてほしいけど、

それすらも、読まれてないんだとしたら、

独り相撲の虚しさだけが怖いぐらいに広がっていく。

 

彼女は、良い意味でも悪い意味でも思い込みが激しくて

一途で、気持ちや想いを引き摺るタイプだから

そう簡単に心変わりするとは想えないし考えられない。

怖いって印象が変わらないし引き摺ってしまうように、

でも、僕を好きで大切に大事に想ってくれた感情も

簡単に忘れたり薄れたり捨て去れないと想う。

けれど、それ自体が自分の信じたい妄想で

縋りたい幻想なのかも知れないし。

結局は、ひとりで抱え込んで考えるのには限界がある。

僕は、本当に、i ちゃんに愛されて、大切にされていたって感じるし、

それは本当に事実で真実だから、

やっぱり、その気持ちを、現実を、過去を信じて、

また一緒にいられる未来に

期待の、胸の高まりが、

それは、いつか、救われるって、報われるって、許されるって

信じて待ちたい。

 

すきだよ。

 

過去という化け物には負けない。

 

[お笑い]『スモール』東京03

第7回東京03単独ライブ「スモール」 [DVD]

第7回東京03単独ライブ「スモール」 [DVD]

 

それぞれの人間の小ささが際立っている。笑

アドリブが暴走しまくって制御不能に陥ってるような場が荒らされてる感がひたすら可笑しい『儀式』、シチュエーションが異様過ぎて伏線の回収が見事な『義兄弟』は特に良かったかな。割と小粒だけど全体にピリリと効いたネタが多かった。

 

[お笑い]『科学の進歩』バカリズム

バカリズム ライブ 「科学の進歩」 [DVD]

バカリズム ライブ 「科学の進歩」 [DVD]

 

なんか急に垢抜けた気が。笑

リンドバーグのボーカルの人が大活躍する『あの坂をのぼれば』、本当に贈るほどでもない言葉を言い続けるだけの『贈るほどでもない言葉』が特に良かった。

 

[映画]『ぼくのバラ色の人生』

ぼくのバラ色の人生 [Blu-ray]

ぼくのバラ色の人生 [Blu-ray]

 

自分らしく生きるっていうのは難しいよね。

軋轢や関係や、未来や、負債を抱えるってことでもある。

ファンタジックで美しい色彩が

彼(彼女)の中で現実を帯びると共に終盤に向かって

彩度が落ちてくのが切ない。

 

終わりなき夜に生れつく

 

いろんなことが重なって心が完全に折れてしまった。

書きたいことはあるけど書けることではないし、

今月はずっとブログを更新してるから

その記録を途切れさせないために書いてる水増し感しかないのに、

よくよく調べてみたら今月は1日を書き損なってるので

本来は初めから躓いてる自分の馬鹿さ加減を呪う。

 

いろんな人に迷惑をかけて

いろんな人に支えられて生きてる。

特に、彼女には本当に支えられて生きていた。

ありがとう。

 

ありがとうございます。

ありがとうございました。

 

 

[お笑い]『傘買って雨上がる』東京03

東京03 単独ライブVOL.5 傘買って雨上がる [DVD]

東京03 単独ライブVOL.5 傘買って雨上がる [DVD]

 

まだ初々しいというか小慣れてない感がある。笑

テレビサイズの拡大版というか割と短い感じのネタが適度な距離感で並んでる。

気負いを気付かれないように気遣って気取ってた角田と豊本が次第に破綻してゆく様が痛々しく微笑ましい『気負い』とサディスト豊本の本領発揮な『妹』が良い。

 

[お笑い]『無駄に哀愁のある背中』東京03

第6回東京03単独ライブ「無駄に哀愁のある背中」 [DVD]

第6回東京03単独ライブ「無駄に哀愁のある背中」 [DVD]

 

連続で見過ぎててシチュエーション的に飽きが来てるけど楽しい。

ツッコミのテンポだけで軽快に進む『企画会議』が良い。

角田が抱え込んでる日常の小さなストレスの代弁者気質が発揮されてるけど、『メシの誘い』とか『ビニール傘』みたいな豊本の怖さが空虚な戦慄を与えるネタの方が撥ねてる感じはある。

 

 

正直、お笑いでも見てなきゃやってられねーような精神状態だけど録画したものには限界があるので飽和し始めてて八方塞がりだなって思う。

 

彼女と話してるときは何だっ面白くて

飽きなんてひとつもこなかったのになって考えて

本当に楽しい時間を過ごさせてもらっていたんだなって

改めて感謝する。

 

だいすきだなって想う。

想うよ。

 

ほら、君の涙を食べちゃおう

 

午前中は新橋まで。

どうなるかはわかんないけど上手く行くと良い。

取引先の人から宮古島のお土産ということで

ちんすこうを一箱貰った。

一箱。笑

太っ腹! 笑

2個入りの小袋が12個入ってるので計24個。

24のちんすこうが。

始めて食べたけど美味しい。

彼女と食べたいな。

 

あいにくの雨で服がびっしょびっしょになったけど、

ちょっと調べたらgggで面白そうなものがやってたので

足を伸ばして頑張って歩いて行って来た。

もう、ね、めっちゃくちゃ良かった。

すごく良いものに触れた時に

どうしても彼女のことを想い出してしまう。

一緒に見たくなるし、教えたくなるし、

喜びや感動、しあわせを分かち合いたくなって、

そういうことを考えたり想えるのも

彼女しかいないし、彼女とじゃないと意味がないってことにブチ当たって、

本当に心から彼女のことが好きで、

彼女のことだけが好きなんだと想い知る。

 

なんとなく符号が一致して

読まれてる気がしてしまうけど

実際のところは分からない。

読まれてないのだとしたらとんだ独り相撲の大馬鹿で

書いてることは本当に意味がなくて無駄でしかないって思うけど、

でも、やっぱり心の何処かでは読まれているって期待してしまう。

 

話したいって、会いたいって、一緒にいたいって想うけど、

突き詰めると、話せなくても、会えなくても、一緒にいられなくても

彼女のことが好きで、愛しいって気持ちは変わらない。

見えるとか見えないとか、伝わるとかが叶わなくっても

それでも、好きで、大切で、愛しく想えてしまうから

気持ちを忘れることも変えることもできない。

 

もう直ぐ4ヶ月近くが経つけど、

自分の気持ちは少しも変わらなかった。

ずっと、ずっと好きなままだ。

4ヶ月というのは人の気持ちを変えるのに

短いのかな? 長いのかな?

よくわからない。

僕には、あっという間だったけど、

すきなひとは、すきなままだった。

彼女は今でも怖いままなのかな。

怖いだけなのかな?

怖さはあっても好きな気持ちを諦めたり忘れたりできないから

ここを読んでくれてるんじゃないのかなって想ってしまう時があるけど、

結局は読まれてるのか分かんないから解んないって結論に帰って来てしまう。

一言でも良い、もう、一言じゃなくて記号や絵文字や顔文字でも良いから

どう想っているのかを聞かせて欲しい。

本当にどんなに待っても願ってもチャンスというものは一度もないのかな。

 

待ち続けてしまう。

 

すきだから。

どうしようもなく、彼女だけが、すきだから。

 

4ヶ月って1年の三分の一だもんな。

季節のひとつ以上を通り越してしまう。

勿体無いって単純に想う。

彼女と見られるはずだった季節をひとつフイにしたことを。

 

ちゃんと謝りたいな。

感情に流されてしまったから、

ちゃんと謝る機会すら逸してしまったことを

心の底から後悔して反省してる。

彼女が差し出してくれた手のあたたかさとやわらかさと

やさしさを今でも掛け替えなく大切に想う。

もう一度、触れたい、

今度はもう二度と手離さなくていいように。

大切に、大切に、守りたい。

すきだから。

だいすきだから。

 

[Art][Design]『ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気』ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気 | ギンザ・グラフィック・ギャラリー

もうめっちゃめちゃカッコよくて痺れっぱなしだった。

雨のせいか誰もいなくて静かに余韻に浸って、衝撃に耽っていられた。

魔術的な蠱惑と呪術的な不穏が渾然一体で心臓を喰らいに来る。

ポスターの有無を言わせぬセンスもさることながら

個人的にコラージュやフォトモンタージュが好きなので

小品の気候変動シリーズや

アン・ラドクリフの著作『ユードルフォの謎』の為に編まれた作品群が

メッタメタのギッタギタのギッラギラに良かったです。

甘く痺れるような熱情。

素晴らしかったー!

f:id:FancyDressBurning:20170621152559j:plain

 

f:id:FancyDressBurning:20170621152616j:plain

 

f:id:FancyDressBurning:20170621152630j:plain

 

f:id:FancyDressBurning:20170621152644j:plain

 

[お笑い]『だめな人の前をメザシを持って移動中』シティボーイズ

シティボーイズミックス PRESENTS だめな人の前をメザシを持って移動中 [DVD]

シティボーイズミックス PRESENTS だめな人の前をメザシを持って移動中 [DVD]

 

チョップリンが好きなので、チョップリンが客演ってだけで満足。

まだ2本しか観たことないけどシュールさが増してる気がします。

チョップリンは気持ち悪い異物感で良かった。笑

全体がどうのこうのって繋がりがあるわけじゃないし

正直に言ってメザシ関係ないし(笑)、

シティボーイズ好きな人は

たぶん好きじゃないんだろうなって空気が

ビシバシ伝わって来るとっ散らかり方してて

完成度が高いとは思わないんだけど、

個人的には好きな空気感です。

 

[本]『あいにくの雨で』麻耶雄嵩

あいにくの雨で (集英社文庫)

あいにくの雨で (集英社文庫)

 

トリックや何かが動機の異常さによって狂気の果てに押し流されてゆく

タイトル通りに、あいにくの雨の中に呆然と突っ立つことしかできないような

暗澹たる気持ちにさせられる傑作青春ミステリ(暗黒)。

確か、烏兎くんって烏有さんの弟だよね。

 

[音楽]『Misery』hide

悲しいと言うならば 空の青ささえも

届かないもどかしさに 君は泣くんだろう

君の小さな身体包んでる夢は 痛みを飲みこみ 鮮やかになる

涙や小さな悲劇なんか、鮮やかにして、笑って生きてたい。

 

 

不幸ぶるのも傷ついたままでいるのもラクだけど、

そういうことじゃないし、そのままいてはダメだから、

頑張って生きてる。

 

ずっと書いてるけど、書いてる最中に書きたいことがズレていって

自分が恋人に伝えたいことの100億分の1も書けていないし、

そうなってくると1000兆分の1も伝わってはいないだろう。

 

僕は、すきなひとが、この世界に存在して、

生きていてくれるってことだけでも、

充分にしあわせに想えるんだよ。

それだけで、生きてけるし、生きてく理由にも強さにもなるんだ。

 

でも、いつか、ちゃんと、自分の想いをそのままに書いて

そのまま伝えられたらいいのになって想うよ。

 

君が好きだよ。

 

彼女のにとって今の自分は好きな対象なのかな?

それだけでも知りたい。

贅沢に過ぎる願いだけど。

 

宇宙を渡る

 

精神が落ち込んでる。

楽しいことだけ綴りたいのに。

 

ごめんなさい。

 

[ドラマ]『小さな巨人』

詰まらなかったから飛び飛びで見てた。

ミスリードに導いて話を引っ張りたいからって

幾ら何でもドヤ顔で推理を披露して間違ってるってことが

繰り返され過ぎだよ!

間抜けにしか見えない。

理想と現実の落差じゃなくて理想も現実も欠落してる。

 

[お笑い]『自分、自分、自分。』東京03

第10回東京03単独ライブ「自分、自分、自分。」 [DVD]

第10回東京03単独ライブ「自分、自分、自分。」 [DVD]

 

作品は違ってるとは言え、毎日のように見てると流石に書くことがない。笑

自虐の余り角田の情緒がメチャクチャで「でも生きてまぁ〜す」という名言すら飛び出す『自虐』、高級な誕生日祝いに堪えられない角田がひたすら憐れな『誕生日』が良かった。『誕生日』でウェイターの飯塚に「お前はいつも何かを持って来るぅ〜」って怯えてる角田が笑える。

 

[映画]『バックビート』

バックビート BACKBEAT [DVD]

バックビート BACKBEAT [DVD]

 

ビートルズに詳しくないので史実にどれだけ近いのか判断できないけど、青春映画としてスゴく良かった。光と影感がめっためたに悲しい。

アスリッドがお気に入りの服をお披露目する満面の笑みで部屋から出て来たタイミングで最後にスチューが掛ける言葉が「ごめん」なの本当に泣ける。

すべての言葉はさよなら。

 

[音楽]『Across the Universe』THE BEATLES

ビートルズは何曲かは知ってるけどアルバム単位で聞いたことがないから、ちゃんと聞いてみたい。

数少ない知ってる曲で好きな歌。

言葉は、まるで降り止まない雨のように

紙コップの中へと流れ込んでゆく

 

未来嫌いのための新生活

 

ちゃんと眠って普通の生活を送りたい。

未来のこと考え出したら気が重くなった。

そして過去のいろんな思いが襲ってきて気持ちが沈む。

イライラするし気持ち悪くなる。

不安と不安定。

孤独感と虚無感。

暗い感情と黒い水で全身が満ちていくみたい。

カーテンの向こうからの光で全て焼き尽くして

新しく生まれ変わらせてやりたい。

抱え込んでる全て捨て去ってしまえたら。

 

新しいシーツ、新しい気分、新しい感触、

新しい匂い、新しい気持ち、新しい生活。

笑って過ごしたい。

毎日、笑って暮らしたい。

 

たまにツイッターで非公開アカウントから「いいね」が付いてる時があって、誰だか分からないから戸惑う。

彼女だったらいいのになって淡い期待を持ちたくなるから、そんな幻想はブチ壊して欲しい。

でも、恋人以外にツイッターを読む理由がある人が思い当たらないし、検索や通りすがりの非公開アカウントで、わざわざ「いいね」を押さなけらばならない理由も気持ちも分かんないから、彼女じゃないのかなって思ってしまう。

連絡を取る前の予行練習をしているのかも知れないとか考えてしまう、自分のバカな無責任さを呪いたくなる。

でも、回復までのリハビリって考えると辻褄が合う部分もあるし、少しぐらい期待をしてもいいかもって想いたい。

想わないと崩れてしまいそうだ。

早く連絡が来るといいな。

 

だいすき。

 

そして、引っ越しがしたい。

 

 

[お笑い]『大宇宙時代』バカリズム

バカリズム ライブ「宇宙時代」特大号 [DVD]

バカリズム ライブ「宇宙時代」特大号 [DVD]

 

言葉尻と状況をサディスティックに責める手腕。

10年前かぁ〜……。

今に比べるとビジュアルがオタクっぽいというか抜け感がない。笑

お笑い芸人感が強い印象。

「ま行時代」、「ぱ行時代」が良かった。

「九龍の拳」も効果音をズラしたバカバカしさが良かった。犬と猫。笑

 

休みの国

 

外が明けて欲しくない色に輝き出すまで

まったく眠ることができなかった。

久しぶりに本当に良くない感じの気分に陥っている。

 

いくらでも自分を騙してられる気がしていたけど

そう簡単に信じ込ませられるほど

自分の根はポジティブにはできていない。

 

今日は休みを休んでる。

このまま全てをお休みしたい。

考えることも。

自分自身も休みたい。

 

パスタを作って食べた。

恋人といる時は良くパスタを作って一緒に食べたけど

別れてからパスタを作ったことはなかった。

想い出すと辛いからとかそういう理由じゃなくて

何となく機会を逸していただけなんだけど、

それでも、やっぱり想い出すことには違いない。

ちなみにミートソースを食べた。

 

想い出すと辛いのは確かだけど、

辛いから嫌な記憶だというわけじゃないし

彼女を好きでいることには何ら変わらない。

 

いろいろと考えてみた結果、

彼女には読まれていないんじゃないかという結論に落ち着いた。

インスタグラムのタイミングがあって

読んだ故の拒否反応だと確信したからこそ

読まれている判断をしたのだけれど

なんとなく違うような気がしてきた。

 

彼女のことを想うなら

忘れて諦めることが

もっとも彼女が幸せになる方法なのだと

頭では分かっていて

心にも浸透させなきゃって想ってはいるのだけれど

どうしても上手く咀嚼できないでいる。

 

書くことにも意味を見出せなくなりつつある。

読まれていないのなら書く理由ってなんだろう?

 

でも、書くとこしかできないっていう

不純と矛盾の塊だ。

 

アクセス地域は今は渋谷と横浜に集中していて

何か削除してしまった記事を探されているのかもしれない。

正直に言って、誰に読まれていて、何のために読まれているのか

そして何度も読みに来る価値なんてあるのか

本当に理解できない。

たまにポルトガルのアルマダからのアクセスもある。

 

もしも彼女が読んでくれたら

どう想うのかな聞いてみたい。

やっぱり気持ち悪いのかな?

怖いのかな?

ずっと考えていて

ずっと分かろうとしているけれど

やっぱり怖さというものが上手く飲み込めない。

 

いや、彼女の怖さは理解できてないけど、

怖さは分かっている。

自分が、彼女を失ってしまう怖さに負けていて

それを理解しようとしてないだけなんだと想う。

お互いがお互いの怖さに負けているのが現状なのだと想うから

進退が一向に進まないし状況が一転も一変もしないで

停滞したまま手痛い心境を繰り返している。

 

いくら思い出そうとしても

どうしてあんな話の流れになったのか

どうしても理解できずにいる。

今は、どう想っているのかな?

今も、怖いままなのかな?

想い出されもしないのかな。

聞きたいし、知りたい。

それでも、今も、僕を少しは好きでいてくれてるのかな。

わからない。

 

どうして、あんなにも僕を好きでいてくれたんだろう。

本当にありがとう。

 

ずっと低空飛行で気分が落ちてるので

新しいシーツとタオルケットを買った。

 

f:id:FancyDressBurning:20170618150802j:plain

 

写真が下手でごめんなさい。

写真を撮る習慣がないので。

全体を青いトーンで纏めた。

枕が画面から見て右に寄ってるのは

彼女がいた時の習慣というか癖で

今でもこの方が落ち着くし安心できる。

そんなのを知ったら

やっぱり気持ち悪いって思われちゃうかな。

もう何もわからないし

何もかもが怖い。

 

気分転換が出来て

うまく眠れると良いな。

 

眠れない時や落ち着かない時に

彼女がいてくれたことが

本当に心から支えになっていたことを

今更ながらに気付くし

心底、感謝してる。

LINEをして安心して、

とても安らいだ気持ちでいられた。

 

今でも、急に、

おはようとか

おやすみとか

普通のことを送ったら

普通に何気なく

いとも簡単に返信が届きそうな気が

してしまう時があるけれど、

どうなのかな?

送ってみないと分からないけど、

送れないし、

送られてきたのなら、

とても簡単に返せるのだけれど。

 

挨拶だけでも良いんだ。

挨拶からで良いんだ。

まずは、そこから始めてみませんか。

 

あなたが好きです。

 

TEXT to NEXT

 

幾つか断片がある。

自分が書いていたものや

彼女の残した言葉とか。

触れると泣きそうになって

溢れてくる。

 

匿名性の

多分、身代わりとしての

偽名というか別人としての

言葉なんかもある。

 

残るものを渡すのは躊躇すると言っていた

彼女の、彼女にとっては

消えてもいい、落書きみたいな言葉や

何もかもが僕には大切で愛しいから

残るものだということを

きっと彼女は知らないままだ。

 

世界なんかどうでもいいし、

誰がとか何がとかなんかもどうだっていいのだけれど、

それでも彼女がいる世界だけは安全で安心で

笑いたい時に笑える優しくて幸せな世界だったらいいって

本当に願う。

 

書けることは、たくさんあるけど、

それが書きたいことなのかわからなくなる。

読まれて欲しいとは思い続けてるけど

読まれているかどうかは本当にわからない。

何となくこの間の件で読まれてる確証を得た気がしてたけど

わからなくなってきた。

それに読まれているとしても何も伝わっていないのなら

それは読まれていなくても変わらないってことなんじゃないのかなって思う。

思うと立ち止まってしまいたくなるけど、

書くことでしか伝える術がないし、

伝わらなくても書くことしかできない。

それだけは諦められないし、諦めたくない。

 

待ち続ける以外の方法がないのなら

信じて待ち続けるだけだ。

彼女からの、文を、次を。

残るものじゃなくても

僕の中には残り続けるものがあるから。

 

[お笑い]『TEXT』ラーメンズ

ラーメンズ第16回公演『TEXT』 [DVD]

ラーメンズ第16回公演『TEXT』 [DVD]

 

久しぶりにラーメンズのコントを見た。

もう10年も前だと知って軽くというか重く衝撃を受ける。

時の流れ……。

テキストってことで言葉遊びや

言語と音のズレをシチュエーションまで高めたり

技巧的に過ぎる部分が強目で飽きてしまうのも事実だけど

全体的には面白かった。

やっぱりラーメンズは片桐仁だなってことを再確認する。

キス・マイ・言葉尻!

テキストが主題だから活字拾いのバイトから銀河鉄道に辿り着くのは必定で、

伏線の回収と良い話に見せかけておいてオチで台無しにするってコントが

ラストを飾る構成も相変わらずだった。

たまに、笑いの仕組みとは別の階層にある

完成度の高いコントを見るのは楽しいし刺激になる。

 

[音楽]『鱗』秦基博

このところ生きて来て全く気にして来なかったものが

ふと目や耳に飛び込んでくることが多い。

失恋の痛手もあるのだろうけれど、

ラブソングに耳を奪われることが増えた気がする。

これも急に凄く良い曲だと思えた。

歌詞の持つ透明度と声が持つしなやかな荒々しさが

爽やかに力強くて素直に良い曲だなって

浸透してきて自分自身に戸惑いつつ驚いた。

こういう感性に気づくことができるのも

失恋を経験したからだと思うし、成長なのかなって感じる。

そりゃあ、失恋なんかしたくないし

今だって女々しくて女々しくて嫌んなるぐらい

彼女のことが好きで好きで仕方ないし、

泣きそうになるほど、泣きたくなるほど、

好きで、会いたくて、話したくて、仕方がないけど、

それでも成長できてることは感謝してるし、

だから、頑張って認めて貰って、

また、会いたいし、会いたいって想って貰えるように

生きていくよ。

だいすき。

ありがとう。

いろんな言い訳で着飾って 仕方ないと笑っていた

傷付くよりは まだ その方がいいように思えて

 

夏の風が 君をどこか 遠くへと 奪っていく

言い出せずにいた想いを ねぇ 届けなくちゃ

君を失いたくないんだ

 

季節の変り目は 曖昧で 気づいたら すぐ過ぎ去ってしまうよ

まだ何ひとつも 君に伝えきれてないのに

 

夏の風に 君を呼ぶ 渇いた声 消されぬように

あふれそうな この想いを もう ちぎれそうなくらい

叫んでみるんだ

 

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ

たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても

鱗のように 身にまとったものは捨てて

泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

 

無様でも惨めでも今の自分を見せていかなきゃね。

見て欲しいんだ。

着飾ったって仕方ない。

僕は、こんなもんだよ、卑下してるわけじゃなくて。

それでも、僕は、頑張って、また、君に会いたいんだ。

すきだから。

とっても、すきだから。