読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら、とりあえず

 

何かを始める切っ掛けとしてコンセプトがないと動けない。

見えぬ方向性を模索してやる前から諦めてしまう。

 

少し前は、本は本の、映画は映画の専用感想アプリを使っていたが

それも色々とあって辞めてしまった。

ただ、漠然とした時間を過ごしていると

心の中の水が腐ってゆくのがよくわかる。

 

でも、とりあえずやってみるみたいなことが嫌いだ。

何もしなければ、何かしなければ始まらないから

「とりあえず動く」みたいな感性が嫌いだ。

だから、とりあえずにさよならしたい。

さよなら「とりあえず」だ。

 

日々を淡々と記録してゆく。

記憶も薄れて、記録も流れてゆくのだろう。

 

朝ごはん:バランスパワー(北海道バター)

程よい塩加減でおいしい。

 

お昼ごはん:柿の種

普通、というかいつも通り(おいしい)

 

晩御飯:スープはるさめ とろみ中華(予定)

 

 

まんだらけに漫画を売りに行ったけど、

ほとんどお金にはならなかった。

ガス代を払ったら財布の中身が凍え出したので

世知辛いって思う。

 

リップクリームとボディソープと目薬と歯磨き粉を

軒並み買い忘れて帰って来た。

 

コートのポケットに手を入れたら穴が空いていた。

出し入れする度に右手の人差し指が引っかかって

穴を少しずつ拡張していっていて

自分の置かれている現実的な地獄や

心の中の虚無感に似ているなって思った。