読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リベンジポルノ

 

結局、寝付けなかったので『ミュージアム』を観てから4時頃に眠った。

何かとてもヤな夢を見て飛び起きたら4時44分だったので少し笑った。

そのまま眠れそうになかったので起きて白湯を飲んでゆっくりしつつ、

3時間ほどの長めの散歩に出掛けて、帰って来てからは掃除をしていた。

 

この一ヶ月の間にも掃除は何度もしてたはずなのに

どこに紛れ込んでいたのか恋人の透明なゴムの髪留めが出てきて悲しくなった。

自分のものじゃないから物凄く迷ったけれど持っていても気持ち悪がられるだけだろうから

辛くて苦しかったし罪悪感もあったけど我慢して頑張って捨てた。

持ってても知られることはないけれど気分の問題だ。

あの人が気持ち悪るいと感じそうなことは自分の中からでも極力なくしたい。

そう考えると連絡が来るだけでも怖いなら

自分があげた手紙やCDや写真、洋服なんかも恐怖の対象を思い出す悍ましいものだから

処分されてしまったんだろうか?

やっぱり恐怖心てものがわからない。

洋服は彼女に絶対に似合うと思ってあげたものだし、

CDも喜んで聞いて欲しくてあげたものだから

できれば着たり聞いたりしてて欲しいけど多くは望めないなとも思う。

 

透明なゴムの髪留めは送ることも考えたけど

住んでるところも知らなければ、名前すら知らないからなあ。

ブログを読んでる人がいないからツッコむ人もいないけど

おいおい、散々、恋人の話をしてたのにオマエの妄想日記だったのかい?

と、言われてしまいそうだけど、本当のことだ。

ほんとに名前すら知らない。

仮名? 偽名? を名乗る時のフルネームは知ってるけれど

不思議な話だなと思う。

訊いてもはぐらかされるし、

好きな人的には名前を教えたくない理由や原因があったんだろう。

確かに特別に普段では問題なかったし、

深入りしない方がいいのかなとも思っていたから

それ以上は掘り下げなかったけれど、

どうしてだったのかは今でも気になる。

もっと大切なことならいっぱい知ってるでしょ? って言われてたし、

本当にその通りだったからさ。

それに今の現状なら、名前も住所も教えなかったことで

得られてる安心もあるのかなと思うと

悲しいけれど、少しだけ良かったのかもしれないとも思う。

トーキングされることも危害を加えられる恐れもないから。

もちろん、知っていたとしても、そんなことはしないけれど。

 

攻撃的な気持ちは一切ないし、全く恨んでもいない。

恋人には本当に感謝こそすれ何一つ落ち度はなかった。

けれど、最後に「恨んでもいいから」って言わせてしまうほど

追い詰めていたことは申し訳ないと思う。

何も非がないにも関わらず

自分を責めさせなければならないようなセリフを

吐かせたのは最低だと感じるし恥じ入るばかりです。

好きな人の自分へと負の感情が向かってしまうのは何故なんだろう?

それが悲しい。

恐怖の対象なんだから

傷付けて恨まれても仕方ないのはこっちの方なのに

それこそ「死んでね。近寄んな。」って言ったって構わないのに

でも、それでキレられたら怖いって自己防衛もあったのかも知れないけれど

そこでも我慢して耐えて自己へと攻撃性が向いてしまう思考回路や

そう考えざるを得ないようになってしまった生い立ちやこれまでの人生のことを思うと悲しくなる。

自分がそうさせておいて無責任なこと言ってるけど

もう少しラクに生きられたらいいのにって思ってしまうし、

もっと自分を大切にして欲しいと願ってしまう。

だから、自己で無理な分を、もっとちゃんと僕が大切にしなければならなかったし、大切にしたかった。

 

恐怖心を知らず迷惑を掛け続けていた無神経さにはヘドが出るし

タチの悪さは害意を持ってる人間よりも上なのかも知れないけれど、

迷惑だったと知った今は連絡はしない。

 

名前を知らないこととか普通の恋人関係からしたら不思議な関係なのかも知れないし、

普通の彼氏彼女の関係がわからないというのもあるけれど、

2年も付き合っていて写真をほとんど持っていないというのも不思議な関係なのかなと思う。

3枚しかない。笑

何の写真かよくわかんないのと、

お仕事の休憩中(?)の写真と、

メガネかけてる写真が見たいって言ったら自撮りして送ってくれたのしかない。

今は見たら寂しくなるから、それも見ないようにしてる。

僕が写真が苦手なのも悪いのだけれど、

ツーショット写真を撮って持ってたかったなって今はスゴく思う。

写真を持ってたからってリベンジポルノしたいとは思わない。

好きな人の写真なんて本当は誰にも見られたくないじゃん?

そう思わないのかな?

あんなにも宇宙で最も大切で美しいものは独り占めしたいものじゃないの?

恨みの気持ちで公開できる神経がわからない。

好きな人の裸を絶対に死んでも他の誰かに見られるなんて耐えられないけどな。

そのぐらいに恨みが募るって気持ちもわかんない。

思考回路がわかんない、理解しようとも理解したいとも思わないけど。

恋人は色々なことを見越して名前も告げず写真もくれなかったのかもしれなくて

そうなってくると出会った時から別れを想定していたことになってしまうし、

いつか別れるなら今別れるって思考が成り立たないって考えて余計に混乱する。

 

んー、なんだか思考がぐるぐるして

何を書いてるのか/書きたいのかよくわかんなくなってきた。

今日は午後からは

やることも、やりたいことも、何の予定もないし、

考えた時に考えたまま何回かブログに書き出すようにしてみようかな。

 

[映画]『ミュージアム

映画の展開やストーリーとしては、

たぶんつまんないと思うけど退屈はしません。

1時間ぐらいしてから展開が異常に遅くって怠いんだけど

小栗旬大博覧会が満開で飽きない。笑

特にハンバーガー食うシーンなんて思わず爆笑してしまいました。

サイコ野郎を妻夫木が怪演&好演してるんだけど

小栗ノートのせいで完全に霞んでしまう。笑

でも最近の日本映画は余分なところが多過ぎて

尺が無駄に長くなってるの良くないと思う。

 

 

このエントリーは『ミュージアム』と

リベンジポルノや相手を恨むことについて考えてみたってことで。

それでは、また。

 

よい午後を!