読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぞんび君

 

足の痛みが尋常じゃないので

どうするか迷った挙句

頑張って薬局まで行った。

普段なら10分とかからず歩ける距離を

30分以上を費やした。

足を踏み出す度に激痛が走って

のろのろふらふらと歩いてる僕を

通りすがりの高校生の集団が

「ゾンビみてー」とバカにしたように笑った。

腹を立てることはなかったけど

恥ずかしさと悲しさで泣きたくなった。

 

ロキソンニンが3種類ほどあるので

どれにするかよくわかんないなって思ったけど

少し眠くなる成分が配合されているらしいということで

プレミアムにした。

プレミアムな鎮痛と眠りをプレゼントしてほしいけど

飲んでから30分ほどが経過する今も

痛みは続いてるし眠くもない。

無理して歩いたせいで痛みは倍増してる感の方が強い。

悲しくなる。

痛みでぼんやりしながら日記を書いている。

クリアーな意識と思考で書くべきだとは思うので

明日には少しは痛みが引いてるといいな。

このところ、うまく眠れていないので

できれば眠れるといいのだけれど。

 

あの人はゆっくり眠れているのかな。

心配だな。

僕から連絡がなくなったことで

少しでも気掛かりが減っていてくれたらいいのだけれど。

 

すきなひとは自分のことを

お人形とか素材とよく言っていた。

お仕事に対して素材って言うのは

わかる部分があるけれど、

素材になりきることで

自分を素材だって思い込むことで

言い聞かせることで

自分を放棄して思考を停止して

全てに身を委ねて流されるまま

受け入れてしまっている部分があるんじゃないかって、

たまに不安や心配に想うことがあった。

素材かもしれないけれど

素材である前に一人の人間なのだから

自分の意識を持って、意見を言って、

断れるものは断ったり、

もっと自由にフレキシブルに振舞ってもいいのになと想う。

それは我儘とは別の自由意志なのだから。

自分で選ぶ勇気を持って

自由に選べる余裕が生まれるといいなと想う。

 

以前、髪の毛を染めることで揉めたときに

自分を不甲斐ないと申し訳なく感じたことがあって

その時は断れたみたいで良かったけれど

それは相手側の段取りの強引さと連絡ミスのせいで

好きなひとには本当に少しも落ち度はなかったから

自分を責める必要なんてひとつもなかったはずなのに、

それでも素材としてうまく立ち回れなかったことと

曖昧な態度で誤魔化そうとした自分を許せなかったんだろうな。

本当に実直で誠実な彼女の内面をよく表してるエピソードだと想う。

そのあとは文句も言っていたし、怒りも露わにしてたけど、

そうやってちゃんと感情を押さえ込まずに我慢せずに吐き出せるといいなと願う。

作品作りのための素材なんだから俺がどうしようと勝手だって思うような

リエーターもいるから素材であることと同時に

自分がやりたいことなのかやれることなのかを

素材云々じゃなく自分に問えるようになってほしいと思う部分はあるかな。

お仕事のことはよくわからないけれど、

着たくない服を着せられたりとか

そういうことがないか凄く心配になる時があるよ。

 

僕もモノを作る側の人間だから

わかる部分があるけれど

素材って凄く大切で、

素材選びで作品が決まると言っても過言じゃないんだよね。

だから素材に選ばれるだけ

好きなひとは綺麗だし価値があるってことなんだよ。

だから自分のことが好きじゃなくても

自分の価値を必要以上に貶めたり

自分を安く見積もるようなことはしないでほしい。

綺麗な服を着なくても、誰かに魔法をかけられなくても、

好きなひとは好きなひとのまま、

宇宙一綺麗で、宇宙一可愛いと想う。

それは真実だし事実だよ。

 

自由でいることを否定され続けて育って

今さら考えや性格を変えたりできないしって思うかもしれないけど

我慢して我慢して我慢して我慢して今だって暮らしてるんだからって

諦めてしまってる部分もあるかもしれないし、

僕の低レベルな変化とは比べものにもならないぐらい

大変で困難な道かもしれないけれど、

僕は僕なりに頑張って変わって来てるように

変えられることだってあるよ。

だから、もっと自分に優しく、甘く、労ってほしいって想う。

何をするのも本当は自由なんだから。

そう言っても環境が許してくれない部分もあるだろうけど、

その苦しい毎日の中で、そこまで魂を美しく保つことができることだって

好きなひとの取り柄だし秀でた長所と才能だと想う。

だから、僕は、君が君だから好きだよ。

考えれば考えるだけ、想えば想うだけ、

知ろうとすれば知ろうとするだけ、

彼女が愛しいし好きな気持ちが強くなる。

気持ちが強くなるから、

心が折れそうになっても強くなろうと頑張れる。

そういうことなんだと想う。

 

なんだか、痛みで意識がぼんやりしてるから

いつにも増して支離滅裂かな?

書きたかったこととは違う感じになってしまった。

書いてる内に書きたかったことから離れていって

別の地点に落ち着いた。

考察としては間違ってはいないと思うけど、

僕の中の仮想の彼女でしかないから

本当のところはわからないって注釈が常に付いて回る。

まあ、いいや、明日、また書いてみよう。

 

怖い思いをさせた自分が言えた義理じゃないけど、

もっと自分を大事に、大切にね。

すきだよ。

 

 

 

ドラマがぼちぼち始まりだしたのでメモ。

[ドラマ]『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』

あの規模のものをテロと呼ぶのかわかんないし、

日本の警察ものって意外とテロと公安が好きだよなって感じ。

悪くないから視聴続行すると思うけど、

この手のドラマの悪い癖は犯罪集団が壊滅的にダサいことだよなって思う。

 

[映画]『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

思ってたものと違い過ぎてドン引き。

原爆や戦争のこととか、いろいろ詰め込み過ぎて焦点が霞んでる。

最後の事件に纏わることなんだけど

記憶の問題でミステリ的推理話じゃないんだもん……。

 

[音楽]『ぞんび君』メトロノーム

そばで笑う声が
ボクをバカにしてるようで
内にこもり閉じた
ボクを包み込んだ君

優しさの裏側の
秘めた想いは別として
君の本音 割れた頭からも
もれている訳でした


全ての毒を盛って
ボクを止めてください
この世界 生きた心地しなくて
ボクも仲間にしてください