読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんと殺してしまってよ

 

好きなひとのことばかり考える。

好きなひとのことだけ考えている。

それはそのまま跳ね返って

自分を見つめ直して考えることへと繋がって

結局、死にたさしかなくなってしまった。

 

父親が生きるための治療をするのだから

自分が死んでる場合じゃないというのも

確かに正直な気持ちだけれど、

その間にただ一回だけ大きな不幸があるってだけで

それ以上の自分が生きてることで被るであろう

迷惑やら何やらがこの先も続くよりは

その一回でチャラにしてしまった方が

いいんじゃないかとも考える。

自殺したってことの怒りは家族や友人の中にはあっても

怒りが勝ってるから

悲しくはならないんじゃないかという

よくわからない後ろ向きな考えも働いている。

 

それに僕がいなくなれば

好きなひとの中から

少なくても僕が存在してるって思うだけで感じるような

恐怖や悪寒みたいなものを無くせるんじゃないかと思う。

一度味わって刷り込まれた恐怖は無くならないにしても

元凶や原因がなくなったと分かれば

ふと想い出されることもなくなって

少しはラクになって安心して生活できるのではないかと思う。

僕が死んでも彼女は知りようもないしと思ったのだけれど

本当に死ぬのならばその前に遺書を残して

家族にお願いして死んだことだけは伝わるようにしようと思う。

それでチャラになるとも思えないけど、

少しでも「死んだんだ。安心した」と

心が軽くなってくれれば幸いである。

 

ここでは、ほとんど彼女のことしか書いてないから

たまには自分のことも書いておく。

彼女のことばかりで不公平だとも言えるし。

 

僕はずっと自分を黒い汚れや汚点のように感じていた。

人が生まれながらにして持っているもの

持っているべきものを

きっと決定的に徹底的に何かなのか何処かなのかわからないけれど

忘れて来たか欠けたまま生まれてきて生きてしまったのだと思う。

だから、自分が悪いのだし人を不愉快にさせるのではないだろうか。

追いかけ回されたり、蹴られたり殴られたり、

馬鹿にされたり嘲笑されたり中傷されたり、

首を絞められたり金を毟り取られたり骨を折られたりするのも

きっと何か自分に落ち度があって自分が悪いんだと思っていたし、

自分に問題があって他人を不愉快に不安にするような人間だから

そういう目に合うのだろうと

存在自体が初めから害悪や呪いみたいなものなんだと

自分は醜い汚点なんだと思い込んでいた。

 

それに人と違うものが見えたりすることがあって、

母は僕を「運がいい。くじ運がある」とか

「お前は霊感があるから」と言っていたが。

僕は運も良くなければ霊感もない。

家族の誰も霊感がないのだから

霊感のあるなしなどわかろうはずもない。

母親は母親なりに人と違う僕を少し特別な何かがあると

思い込むことで何とか帳尻を合わせようとしていたのではないかと

今になって思うけど、ほんとのところはわからない。

でも、確かに人と違う何かが見えていたりしたのは事実で、

僕は初めそのことを何の不思議にも感じなかった。

不思議に感じていなかったのだから

それは当たり前のこととして話していたのだけれど、

その内に嘘つき呼ばわりされたり

奇異な目で見られるようになった。

何を話しても馬鹿にされ嘘つき呼ばわりされている内に

僕の中で本当のことをいうことが馬鹿らしくなり

話をすること自体に引け目を感じるようになって

話の中に嘘を交ぜるか全く話さないようになっていった。

どうせ本当のことを言ったところで

誰も信じてくれないし、誰も聞いてはくれないのだから

何を言っても意味がないと思うようになっていった。

嘘を交ぜて当たり前の会話をしていると少しだけラクになった。

でもこれは病気らしいし、

本当のことを言っても嘘つきなのに、

嘘を言っている本当の嘘つきになるという悪循環を生んだ。

これは結果的に信用をなくすし

きっとこの悪癖というか病気は

好きなひとをとても不安に不快にさせていたとも思う。

ごめんなさい。

 

今でも自分は変な目に合うし変なものを見るのだけれど

それを試しに話してみると

知ってる人にも知らない人にも

統合失調症だとか作り話や嘘だと言われるし思われるから

笑い話にできそうなネット上だけでたまに吐き出したりしていた。

けれど、ネット上でも統合失調症だとか作り話や嘘だと言われ

それもどうでも良くなってしまった。

 

このことを僕はずっと恥じていたし隠していたけれど

これを初めて「才能だね」と言ってくれたひとがいた。

とてもうれしかった。

でも、そのひとは自殺してしまった。

僕が悪いわけじゃないって言われるし、わかってはいるんだけど、

僕と関わったせいで不幸になったんじゃないかって

僕はずっと思っていて、よくわからない罪悪感だけが

肺の底にこびりついている。

だから、心の何処かで僕はひとを不幸にすると思い込んでいて

自分が存在していてはいけない人間なんだと思っている。

今現在も、僕が存在していることで

この世で最も大切で大好きなひとが

恐怖して不幸になっていると思うと

本当に居た堪れない。

だから、自分の存在が消えれば

不幸は消えるんじゃないかと思ってしまう。

のうのうと生きててごめんなさい。

 

僕は人の気持ちが1ミクロンも理解できなくて

頭がオカシイと言われるぐらい

心がないまま生きていたのだけれど、

今の……もう今のじゃないのか……

好きなひとに出会って恋をして

こんな自分でも心から愛してもらって、

愛することができて

本当に何か許された気がしていた。

必要とされてうれしかった。

好きなひとを好きでいられる自分を

少しだけいいものとして生きていられたし

初めて生きていてもいいんだ、

生きていたい、このひとと生きていきたい、

生きてみようと想えた。

心から感謝している。

本当にありがとう。

でも、それも僕がぶっ壊した。

頭がオカシイ人間以下の心のない存在だったから。

結局、僕が生きてることで

不幸になる人間を増やしただけだった。

 

僕は恋人に出会って本当にしあわせで

好きになって良かったって心から想うけれど

僕が存在しなければ、彼女に出会わなければ

彼女は恐怖や問題を増やさずに

もっとしあわせに安心して

生きていられたんじゃないかと考えると

目眩がするくらい罪悪感でいっぱいになる。

僕と過ごした時間だけ恐怖が大きいのだろうか。

聞いてみたいけど、

聞くことが更なる恐怖として降りかかってしまう。

結局は自分の存在が邪魔で不幸で呪いでしかないってことだ。

 

僕は、ずっと空っぽのまま何かが欠けていて

何かが欠けていることはわかっていても

何が欠けているのかわからないし、

誰も教えてはくれないから

欠けたまま空っぽとして生きるしかない。

そんなの死んでるのと何にも変わらないだろう。

だったら死んでもいいんじゃないかという結論になる。

 

本当に空っぽで何もない。

僕が外因として怖さを認識しづらいのはそのせいもあるのだと思う。

やられる理由や落ち度が自分にあると認めて諦めているし、

それも合わせて守るべき自己や自分、自我なんかすらない空っぽだから。

存在してるだけで他人を不愉快にさせ不安にさせるだけの存在なのだから

守るべき大切な自分なんか持ち合わせていない。

本当の本当に、何もない。

だから、怖いと感じて、怖さから身を守って、

守るべき大切な自分があるのなら

それは空っぽでもないし、何もないなんて感じる必要はない。

守りたい大切な自分があるのだから。

僕はそれがわからない。

我慢してまで何から守るの? 誰から守るの?

何を守りたいの? 誰を守りたいの? 自分?

だから、何をされても、怖さを理解できない。

外敵や外因的なものへの防衛本能が働かないから。

自分が嫌いで、大切じゃないのに、

守ってどうするんだって思うし、

だから怖いはずがない。

彼女は自分を嫌いだと言っていたけど

守ろうとするぐらい自分が大切なはずだ。

じゃなければ怖いとは感じないだろう。

だったら、何もないなんてことないのだから

もっと自分を大切にして好きでいてほしい。

自分を嫌いなのは思い込みだと思う。

 

僕は唯一、恋人だけを守りたかったし、

大切に、大事に、しあわせにしたかった。

でも、僕が生きていたら、存在していたら

恐怖が続いてしまう。

だから、ちゃんと殺してしまわないといけない。

 

ずっと考えている。

自分が嫌い。

不幸にしかできない。

呪いみたいな自分が。

一緒にいるときは

少しでもしあわせにできていたのかな?

しあわせってなんだろ?

 

夜が明けたら少しは違った空気を吸えるかな。

死にたさしかない。