読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦場のボーイズ・ライフ

 

もう本当は気が付いていて

ブログを書くこともツイッター

性格を変えることもダイエットも

全部が無意味で無駄でしかなくて

強迫観念と予定調和だけで続けて

続いているけれど

やめてしまっても何一つ問題も

失うものもないのだと思う。

 

彼女には読まれない。

好きなひとには届かない。

恋人の心には何も変化が起こらない、絶対に。

言葉も時間も重ねるほど

薄く軽く遠くなっていく。

でも、もしも実際に読んで貰えたとして

好きなひとの心に何も変化が起こらないのだとしたら

怖いニンゲンはずっと怖いままで

好きでもなんでもないとわかったのだとしたら

やっと、僕もそこで諦められるのかな。

好きな気持ちはずっと好きなままだと想っているけれど

それだって僕の一方的な勘違いや思い込みでしかないわけで。

 

僕には彼女が必要だったけど

彼女は僕を利用したかっただけなのかなって考えてみる。

好きって思い込むことで利用してる罪悪感を薄めて

家から出る理由を、仕事に使う便利さを

埋めるためだけに等価交換や代償として

疑似恋愛ごっこをでっち上げて心を麻痺させて誤魔化して

本当は何一つ好きでもなんでもないけれど

家から出られるならそれもいいって利用していただけだったのではと

無理やりにでも捻じ曲げて仮定して彼女を貶めるような思考を辿っても

うまくいかないし意味がない。

そもそも好きなひとはそんなひとじゃないし、

実際に本当に好きで愛されているって

しあわせと実感が心の奥に身体の中に

じんわりと確かに拡がっていて

そこに嘘や偽りなんか微塵もないのだから。

その確証がまだ心にも身体にも残っているのだから。

その思い込みにはやっぱりどうやったって無理があるし、

この自分が最大限に頑張って最低に仮定した考えであっても

僕は恋人が好きで可愛くて

結局は一緒に居られるのなら一緒に居てくれるのなら

利用されるだけでも構わないって想ってしまうから

無意味で最低なだけの仮定でしかない。

 

「怖いです」ってことだけはわかる。

「怖いです」ってことだけは伝わって来る。

でも、なにがどう「怖い」のか

その「怖さ」と「怖さ以外」の感情や気持ち、想いが

本当にないのかがわからないし伝わってこない。

伝える必要がないほど「怖いです」ってことだけが事実で

それ以外なんかそれだけで捨てられるもんだよってことなのだろう

でも、そこが理解できないから納得ができない。

納得ができないから考える。

それも、自分が納得できる自分だけが納得したいだけの材料が

欲しいってだけのクソみたいな自己中心的自己満足で、

やっぱり彼女にとっては

「怖いです。別れます。関わらないでください。」ってことだけで

世界が閉ざされてるから、

好きって気持ちがまだあるとかないとかそんなことは

瑣末なことでしかないのかな。

僕はどうしても「すき」中心で考えちゃうけど

彼女はどうやったって「怖い」中心で考えるから

どうあっても意見も視線も交わることがないまま。

このまま時間だけが経過して、

別れるしかないという揺るがない結果だけが

正しく、事実でしかなくなってしまうのかな。

 

見て見ないふりをする。

連絡をしない、絶対に返すこともない。

そういうやり方で逃げ切る。

僕に関してはそれでも僕から問いかけて切り出したとはいえ

好きなひとにしては珍しく、はっきり意見を述べたとは思うし

すっごく頑張ったんだろうなというのは察しがつく、

僕が、僕だけが何個か問い掛けたことに対しての

答えをもらえなかったことで、

こんなにも最低でクソで惨めで憐れな

自問自答を繰り返すはめになっているけれど、

それは僕の問題だ。

でも、彼女はそうやって問題を視界から外して

考えないようにして逃げて遠ざけて

あわよくば忘れられたらいいなって

「あわよくば」に賭けてる部分が大きいとも言える。

これは、とても心配。

だから、人間関係や特に男関係は曖昧で宙吊りにされるから

その「あわよくば」を勘違いして、

その「あわよくば」にかこつけて

宙吊り状態なのをいいことに、

いつまでもいつまでも付き纏い

追いかけてくる可能性は捨てきれないと思う。

だから、拒絶も拒否も断固として

言葉に出した方がいいと思う。

僕なんかが言えた立場じゃないけど、

曖昧な態度は、隙を作るし、

隙を突いてくる輩が後を絶たないから

本当にとてもとても心配になる。

断ることのリスクが怖いのもわかるし、

それで被る被害に比べたら

一時凌ぎで曖昧な態度を取る方が

ラクだし安全というのも確かだし理解出来る。

ああ、もう! 本当だ、本当に、

彼女が悪いわけじゃないのに、

彼女が彼女だからっていう理由で

問題が問題を呼んでくるし別の問題が浮上してしまう。

避ければ怖い、逃げれば追われる、

確かに本当に本当に息が詰まるほどに

八方塞がりだ。

なんてことだ!

書いてて考えてて、考えて書いてて気付いたけど、

言葉にしても、言葉にしなくても、

逃げても、対峙しても、

追われるか、怖さで覆われてしまうのか、、、

よく頑張ってるね、本当に本当によく頑張っているね。

僕なんかが軽々しく怖さについて

好きが勝つとか言えるレベルじゃないのか……。

怖い思いをさせて、ごめん。

本当に、本当に、ごめんなさい。

好きなひとのことを想ったら、泣けてしまった。

僕は、その状況から君を連れ出したかったし

確かに連れ出すことができたはずだ。

この袋小路のループやルールの根本的な解決は

本当に難しいけど、

僕なら一緒に逃げてあげることができた。

手を取って一緒にいてぎゅってすることで

与えられる安心が確かにあるのも、

本当の意味で漸く理解できた。

そうか、だから、僕だったのか。

言葉にしても、言葉にしなくても、

伝わらない、嘘も本当もなくなって、

誰からも理解されない。

わかってほしいわけじゃないけど

誰にもわかってもらえない。

そういう気持ちを、問題を

心の中に抱えて感情の奥で燻らせていた

たったひとり、たったひとり同士の僕たちだから

こんなにも惹かれあって、お互いが特別で

お互いにお互いしかいなかったんだ。

今ならわかる。

 

ああ、だから、本当に、難しいのはわかる

けれど、怖さをわからせてほしい。

お互いをお互いでもっと深く理解しあって

怖さを超えていける、問題を解決できる方法を

一緒に考えてほしい。

怖さから逃げることでしか得られない

安心や安全があることも

わかりかけてきてる。

だから、きっと、放っておいてほしい

関わらないでほしいという気持ちも

今になったら身に沁み始めてる。

でも、僕は、僕なら、それをどうにかできる。

わがままを通したいわけじゃないし、

読まれもしないところで

伝わりもしない文章で

あなたに書いても意味はないのかもしれないけれど、

初めて、お願いします、

どうか怖さと向き合ってください、僕と一緒に。

どうか、もう一度、僕と付き合ってください。

大好きです。

iちゃんのことが。

すき。

だいすき。

 

書いていく最中や途中での気付きや閃きがあったから

書こうと思っていたこととは全く違う内容になってしまったけど、

これは、独りよがりじゃなく、自己満足や自己中や自画自賛でもなく

今日の考えや提案は、いい線いってる気がする。

 

自分勝手に好き勝手に書きやがってっていう

怒りや反感、反論でもいいからiちゃんの意見を聞きたいよ。

ゆっくり、じっくり。

 

[映画][アニメ]『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』

これは、なかなかひどくって、

恋人と爆笑しながら一緒に観たかったって気持ちが

メラメラと心の中に盛り上がりました。

もう、ツッコミどころ満載で。笑

なんかよくわからん薬で小学生になるようなアニメに

現実的とかリアルを持ち込もうとは思わないけれど

さすがに今回は無理があるし無茶だし

日本であの爆発と銃撃はねーわ。笑

目立たせたいのわかるけど、あんな大事な場面で

FBIと公安で揉めてる場合じゃないだろとか、

いやいや、言うてもたかがサッカーボールですよ? とか、

人間の命も魚の命もなんだと思ってるんだとか、

え? これで終わり? なんのフォローもケアもないの?

決め台詞を吐き捨ててカッコ付けてる場合なのコナン君とか。笑

劇場版を全部見てるわけじゃないけど

ここまで小五郎のおっちゃんと蘭姉ちゃんが

物語から排除されてるというか主軸から度外視されてるのって

初めてなんじゃないかな。

気の毒なぐらい存在感が薄かった。笑

もう、しっちゃかめっちゃかでした。

 

[音楽]『戦場のボーイズ・ライフ』小沢健二

勇気を出して歩かなくちゃ
上を向いて胸を張って
心すっかり捧げなきゃ
いつも思いっきり伝えてなくちゃ
暗闇の中挑戦は続く 勝つと信じたい今は!