読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出せない手紙

 

家でできる作業を幾つかこなした。

取引先の人がくれたムーミンの紅茶を淹れて飲んだ。

ワイルドストロベリーフレーバー。

ほろ甘くてフルーティーな香りで美味しかった。

 

時折、やめなきゃって想いながらも

彼女の写真を覗いてしまう。

本当に綺麗でため息が出る。

 

その度に、好きだなって想って、

胸の奥がチクッとしたり、

ズキンと痛む。

 

時間のある時に、もう1年半ぐらい前なのか、

WOWOWでやってたのを録画したV6の番組を観てる。

本当に、もう、ほんっとにっ! 格好良くて惚れ惚れする。

恋人に見せてあげたいし、

一緒に見たいって想う。

いつか、きっと、絶対に一緒に見よう。

さすがにジャニーズのYouTubeは貼れないけど

「出せない手紙」、「ありがとうのうた」、「Orange」、

「kEEP oN.」、「Darling」、「〜此処から〜」と名曲が多いし、

「Sexy.Honey.Bunny!」とか「バリバリBUDDY!」は

単純に元気になれる。

アイドルってスゴイなってバカみたいな感想を持つ。

光の当たる場所から更に光を放つって素晴らしい。

光の当たらない場所から光を放つV系とは対照的だけど、

僕が両方を好きなのはきっと僕が光に集まる虫だからだろう。

アイドルとV系ってファンが被らないの不思議で仕方ない。

 

他にもV6が出た番組を見たり、V6熱がアツイ(当社比)。

 

テンションが上がってても、時々、現実の問題が浮上して、

それで自分は沈殿してしまう。

たまに現れるアクセス元が名古屋ってのが引っ掛かって仕方ない。

あの人だったら嫌だなって考えて吐き気がする。

 

彼女だけに読まれたい。

本当に読んでほしい。

 

インスタを見たりして想うのは、

彼女が頑張って、良い仕事をしてるのが

本当に励みになるってこと。

本当に綺麗で、本当にカッコイイ。

尊敬できる。

 

だから、

何にも知らないから嫉妬してたんだよね。

お仕事のこと、もっと見て、話せば良かった。

ほんとに、本当は、ただ、もっと話せば良かっただけなんだってわかる。

きっと、たぶん、今も、そうなんじゃないかな。

それで解決できる気がする。

僕は僕の問題を解決するから、

2人の問題は2人で一緒に解決しよう。

だから、ね、たくさん、話そう。

 

もっともっと頑張って、

もっともっと余裕のある生活をして、

もっと、ずっと、ばびゅ〜んって、

高く、遠くまで、飛ぼう。

ね。

 

好きだから。