ifや畏怖が尽きなくても

 

昨日はストロベリームーンだった。

歩きながらずっと見ていたけれど

少し赤味がかったり雲がかったりする瞬間はあったのに

イチゴ色とは言い難い色味の恥じらい方で

それでも月は満月としてとても綺麗だったから

夏目漱石気取りで月が綺麗ですねって

恋人に伝えたくなった。

彼女も同じ月を見ていたのかなと考えるだけで

とても幸せで切なくなった。

月に願いを。

 

君が幸せでありますように。

そして、いつか君の元へ辿り着けますように。

君を幸せにできますように。

 

話したい事が数珠繋ぎに増えていく。

 

今日は食パンがまだ余ってたからトーストを食べた。

パンに塩を振った。

塩を振るのは彼女がやっていたから真似てみた。

どこでだって彼女の記憶や存在の欠片が在って

僕はそれを感じ取っては大事にしてしまう。

 

アルトバイエルンを食べた。

ちょっとした贅沢だ。

シャウエッセンはボイルが

アルトバイエルンは焼くのが美味しい食べ方だと初めて知った。

シャウエッセンは近所だとアルトバイエルンより高いから

あまり買う事はないだろう。

ウインナーは焼く方が好きだし。

でも、彼女と一緒に食べ比べしてみたいな、機会があれば。

 

叩き合って笑うような毎日を

想像しては悲しくなる。

 

なんとなく上手くいきそうな気がしてしまって

でも、インスタの件があるからわからなくなるし

それの元を正すとアクセス地域問題の件があるから

読まれているという確証が消えてしまうので

どこを支柱にして考えて良いのかわからない。

全ては偶然で思い上がりと思い違いなのかも知れないし、

やはり全ては必然なのかも知れないし、

結局は話してみないと分からないってところに辿り着いてしまう。

 

まだ、好きでいてくれているという感覚だけは

なぜか真実のように想えるのだけれど……

 

午後は気分転換に部屋の掃除をしよう。

 

清く正しい生活を心掛けたい。

いついかなる時に彼女が訪ねてきても良いように。

 

好きだから、好きな気持ちは変わらない。

開き直りとかじゃなくて、真実として。

 

 

[映画]『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

 

思ったほど跳ねない。

美術とか衣装とか悪くなくて好きだけど

物語や設定としての中二病感が酷い。

ミス・ペレグリンの活躍しなさも良くわからん。

 

[映画]『フッテージ』

フッテージ スペシャル・プライス [DVD]

フッテージ スペシャル・プライス [DVD]

 

他人の思い出の中に生きて血が通ってない感じがする映画。

家族団欒のち殺人みたいなフッテージ映像がなかなかゾクゾクして好感触。

サイコな殺人ものなのに心霊モノめいた演出なのも変で良い。

コーヒーのCMみたいに美味しそうにコーヒーを淹れるのが印象的過ぎて笑ってしまった。