さあ舞い散れ ドレスを戦がせ

 

今日は池袋まで行った。

ちょっとした作業をして帰宅。

切り抜きとか画像補正とか流し込みとか

ルーティンみたいな作業は嫌いではない。

単価が安いことだけが問題。

 

今更なことを今更ながら書くけど

このブログタイトル(日々のテーマじゃなくて主題としての方ね)は

DEAD END『Dress Burning』の歌詞の

ラスト一行から拝借して名付けられている。

「ドレスは燃えている」とは何と美しいのだろう。

意思表明というか遺志表明としての潔さを感じて

日記を書くならこれに違いないと直感して名付けた。

 

DEAD END『Dress Burning』

 

Fancy Dress Burningの方は

Bad Dream Fancy DressとDress Burningを掛け合わせた

ハイブリッドというかイルキメラな感覚だ。

Bad Dream Fancy Dressの可愛さみたいな煌きも

併せ持てるブログになれたらいいのにとは密かな願望だ。

 

Bad Dream Fancy Dress『Lemon Tart』

 

日々が色付いて香り付いて輝き出したらいい。

 

僕は恋人のことが好きで、

本当に好きで、今もそれは全く変わらない。

何かをしてても、何かを見たり聞いたりしてても

何かにつけてここに彼女が居てくれたらって

いつも思ってしまう。

物足りないし、味気ない。

それでも毎日は続く。

 

それは僕が原因だったから

ずっと後悔も反省も続けてる、

カッコ悪くたっていいし無様な言い訳だって

弁明の弁解の余地を与えてもらえるなら

いくらでも謝りたい。

伝えられることを伝えられるときに

伝えたい相手に

ちゃんと伝えることの大切さを

本当に身に沁みて噛みしめている。

 

終わってからでは、それはもう遅いのだ。

でも、今は、本当に彼女のことを大切に掛け替えなく想うから

やり直すんじゃなくて新たに始めたいって想う。

たった一回限りでもいい

チャンスが貰えるなら

僕はそれを決して手放さないし

絶対に間違わない自信が今ならあるから

だから、話をしよう。

話をさせて欲しい。

 

相手を想って言う言葉が好きだ。

おはよう。

おやすみなさい。

いってらっしゃい、気をつけてね。

おかえりなさい。

お疲れさま。

だいすきだよ。

 

すき。

 

それらは全て彼女のためだけに捧げたい。

僕に書ける全てを。

僕の想うすべてを。

 

 

[映画]『エターナル・サンシャイン』

エターナル・サンシャイン [Blu-ray]

エターナル・サンシャイン [Blu-ray]

 

漂白された精神に一条の光。

思い掛けず忘れて、ふとした瞬間に浮かび上がる恋愛。

記憶忘却装置があったとしても

僕は彼女との記憶を消す選択はしないだろう。

つらい記憶なんて存在しない。

別れたことだって、

自分を見つめ直して立て直すための良い経験だし、

その結果として、また改めて新しく始められる関係だってあるって

信じて生きていたい。

 

[お笑い]『正論、異論、口論。』東京03

第11回東京03単独公演 「正論、異論、口論。」 [DVD]

第11回東京03単独公演 「正論、異論、口論。」 [DVD]

 

YMO的な! wwwww

結構、人の悪さというか重箱の隅を突つく的な流れが多くて

思いの外で気分が重い。

辺が繋がってない三角関係が地獄みたいな関係を浮き彫りにする「入居日」の出来が良い。

 

[音楽]『Dream Caller』Creature Creature

DEAD ENDもMORRIEのソロも録ったけど

Creature Creatureは彼女に録ったことなかったなと思って

貼っておきます。

ここを読んでるか分からないけど、

これもカッコイイなあって思ったら

また今度いつか録ってあげるね。

闇になって

謎になって

あなたは夢の中

もう戻れない

何もかもが始まる

あなたは夢の中

もう狂えない